グルコサミンの効果や副作用。

軟骨の再生に重要なグルコサミンの効果を解説しています。
副作用が少なく、食品からの摂取が難しいため、サプリメントが口コミでも人気となっています。
グルコサミンは、アサヒやサントリーなどだけではなく、大正製薬や小林製薬などからもサプリが販売されており、通販でも入手が可能です。

グルコサミンって何?

カニやエビなどの甲殻類の殻にキチン質として含まれている、代表的なアミノ糖です。

体内でも合成されますが、加齢とともに合成量が減少することが明らかになっています。

グルコサミンは、特に軟骨や靭帯などに多く存在し、クッションの働きをして、各部を保護しています。
(軟骨は、関節の部分で骨の先端にあり、骨と骨とのぶつかり合いを防いだり、外部からの衝撃を和らげ、関節の動きを滑らかにしています。)
そのため、グルコサミンが不足すると体のあちらこちらに軋みが生じ、関節痛のような痛みが生じてきます。

近年、グルコサミン&コンドロイチンの同時摂取により、「軟骨が再生された」との臨床結果が各国より報告されている注目の栄養素です。

変形性関節症とグルコサミン。

私たち人間が直立して歩きはじめてから、宿命的とも言われている疾患に「変形性膝関節症」があります。

これまでの、現代医学での治療法は、非ステロイド系抗炎症剤や鎮痛剤の服用、ヒアルロン酸の注射などの薬物療法などが中心でしたが、副作用のリスクが高く、効果も一時的なものでした。

しかし、グルコサミンは副作用の心配がほとんど無く、関節症の痛みを和らげて、比較的短期間に治療や改善に役立つことから、高い評価を得ています。
また、関節の変形の原因と戦うと知られている限りの物質(医師が処方する医薬品からそうでないものまで)の中で、グルコサミンは最も有効だと言われています。

これは、グルコサミンが軟骨において最も重要だと言われている「プロテオグリカン」の主要成分であるだけではなく、グルコサミンの効果で、軟骨細胞を刺激してプロテオグリカンの生成を促進させるためです。

「軟骨を作る」働きを持つグルコサミンは、「軟骨を守る」働きを持つコンドロイチンと同時に摂取することで、その効果が飛躍的に向上すると言われています。

グルコサミンの効果や効能、副作用。

グルコサミンの効果とは、軟骨を再生するだけではなく、下記のようなものもあります。

血小板の凝集作用を抑制し、血液をサラサラにすることで、動脈硬化や脳梗塞などの予防に役立ちます。

グルコサミンは、ヒアルロン酸の材料となり生合成を促進しますので、美肌に役立ちます。

グルコサミンは、腸を活性化させ、免疫力を高めると言われています。

1日当たりの摂取量や上限量は明確ではありませんが、副作用は殆どなく安全性が高いと言われています。

軟骨や関節に役立つ栄養素。

コンドロイチン
軟骨に最も重要な成分である「プロテオグリカン」の成分であり、コンドロイチンは軟骨に栄養を届ける働きを持っていますので、健全な軟骨の生成に重要です。

ヒアルロン酸
軟骨に最も重要な成分である「プロテオグリカン」の成分であり、ヒアルロン酸は関節間の潤滑油として、関節の動きをスムーズにする働きがあります。

コラーゲン
プロテオグリカンと同様に軟骨の成分となり、コラーゲンは軟骨の弾力性を保つために必要です。

グルコサミンのサプリメント。

様々なメーカーから、サプリメントが販売されているグルコサミンを、みなさんのサプリ選びの際の参考になるように、ランキング等ではありませんが、下記より紹介します。
グルコサミンサプリメント情報

注意事項!

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ず信頼できる文献を再確認の上でご利用ください。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) glucosamine7.web.fc2.com All Rights Reserved.

inserted by FC2 system